toggle
2016-07-26

私にもシュガーフリーはできるのか-あんこ編-

3c7b75ca57878f3e3cd511c62ae11c37_s

「白砂糖は体にわるい」
と聞いた事がある人、たくさんいると思います。

マクロビに出会ってまず最初に教えてもらった「白砂糖の恐怖」
とても恐ろしいと思いながらもシュガーフリーな生活はまだまだ遠い今日この頃。

某大手スーパーではPB商品の粉末だしの中に砂糖が入っています。
お惣菜の唐揚げにもお砂糖、使われています。
とってもおいしいチョコレートやケーキに使われてるのもほとんどが白いお砂糖ですよね。

レシピを検索中、とあるblogにこんなことが書いてありました。
「私は健康志向なので、茶色いお砂糖を使います。じゃーん、三温糖!」
と…

がーん!!!

茶色いから健康…。
なるほど、そう思う人はいるんですね。
っていうか、私も昔そう思ってたかも!
っていうか、実家にも三温糖やらザラメあったわ。
三温糖は白い砂糖にカラメル色素が添加されているので、白いお砂糖よりももっと体には良くないのです。

白砂糖がなんでダメなのか。

53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

まず私が習ったことは、その中毒性でした。
そして、体を冷やすということ。
本来あるミネラル分を取り除いて、サラサラの真っ白にしたお砂糖は使いやすい反面
依存性と冷え、そして免疫力の低下を招くということがわかります。
私がお砂糖について学んだ際に、先生からこんなお話がありました。
「ミネラルを失った白い砂糖は、体の中に入ると体の中にあるミネラル分と結合して元の形に戻ろうとする。そしてそのまま排泄される事で、大事なミネラル分を失う事になる」
と。
人間の体も小さな宇宙のようで、とても腑に落ちたのを覚えています。

さて冷え→免疫力の低下ということは、日々細胞分裂を繰り返している体にとって一大事です。
健康な人であっても、超たくさんの細胞分裂の中で、毎日たくさんのがん細胞が作られています。
でも多くの人にガンが発症しないのは「免疫」が戦ってくれているから。
ということは、白砂糖って…。

こわいですよね。

砂糖は極陰性なので、陰性の病気(ガン、精神病、婦人病などなど)を引き起こす要因になるます。
そして、イライラ・カリカリ・短気になります。

白砂糖の代替品

私もまだ全ての自然な甘味料を知っているわけではありませんが、
自分が使ってみて、これはいい!と思ったものを紹介します。

・甘麹
以前にも紹介しましたが、お湯で割れば甘酒になるます。
甘酒は飲む点滴と言われるほど、栄養素が豊富で、酵素も含まれています。
なので、ドレッシングとか加熱しないものに使います。
煮物に入れたら、煮汁が濁って美味しくなさそうな煮物になったので、ご注意ください。

・はちみつ

・メープルシュガー
お菓子やグラノーラに使います。

・みりん
みりんは皆さんよく使われる調味料だと思いますが、みりん風調味料というものに注意!

その他にも、まだまだありますが、私が使ったことがあるのものは以上です。
これからもっと研究しなくては!と思います。

スーパーでなかなか売っていないものは大好きなamazonで購入します。

デーツを使ってあんこを作ってみた

自然の甘味料に「デーツ」があります。
デーツ(ドライなつめやし)は食物繊維とミネラルがたっぷりとのこと。

いつも見ている「INYOU」というサイトで「デーツあんこ」のレシピが載っていたので
あんこ大好き千原ファミリーとしては、これからの甘味という楽しみの為に作っておかねば!
と思い、作ってみました!

ドライなつめやしはamazonで購入しました。

購入後、高山の駿河屋にも売っているのを発見しました。

小豆は、大好きなあじかで購入。

レシピは「INYOU」さんのHPに掲載されています。
こちらでご確認ください。
このデーツあんこの他にもいろんなマクロビレシピが載っていて
とっても楽しいです。

あんこ2

小豆を水に長いこと漬けてたので、色が少し薄くなっちゃいました。
でも夫・息子ともに気に入ってもらえたようです。
よかったよかった。

あんこ

wickに入る分だけいれて、あとは冷凍。

時間のあるときにぜんざいでもしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です