toggle
2020-02-26

感染症流行による影響

本当なら、これから暖かな春に向かって
飛騨市民みんなが楽しみにしている古川祭に向かって
三寒四温の季節の先に、少しずつ少しずつ感じる春を
ワクワクしながら
ウキウキしながら
待っているこの時期。

テレビはダークなニュースで持ちきりですね;;
お店からマスクや除菌グッズが消え、
スーパーへ行くとほとんどの人がマスクをしている異様な光景。

25日に政府が国民へ基本方針を出しました。(やっと)
その中には企業へのテレワークや時差出勤を呼びかけるものもあります。
理由としては、このウイルスの特徴として、
対面で人と人との距離が近い接触が会話などで一定時間以上続き、
多くの人々との間で交わされる環境と考えられるためです。

また不要不急の外出を控えることと、不特定多数の人間が集まるイベントは
中止の方向でということも政府はいっているようです。

先日SNSでZoomを使った飲み会を開催したという記事を見ました。
こういうアイデア、すっごく素敵!
食べ物は居酒屋さんとかでテイクアウトとかして
どんな状況も楽しみながら乗り越えていきたいなって思えますよね。

もしこれから14日間、そういった行動をみんなでとったら
お祭りやオリンピック開催に影響が出ないというなら
みんなで頑張りたい。
それが大切な人を守ることにも繋がります。

kongcongでも視察や撮影、対面での打ち合わせは延期とせざるを得ない状況となっており、
打ち合わせはネットでお願いしている状況です。
様々な問題から、必ずしも皆さんが同じ行動を取ることは不可能かと思います。
未知の出来事なので、今後のことも予想できません。
でも、田舎ほどパンデミックが起きたら怖いと言われています。

この感染症の余波としてインフルエンザの終息が例年より早まるのではないかということがあります。
多くの人が気をつけている証拠です。
多くの人が、大切な誰かのために気をつけることができる飛騨市。
何よりも喘息持ちの子どもや持病のある人へうつしてしまうことが怖いウイルスです。
自分は大丈夫とか、そういう問題ではないのが怖いところ。
私も持病を持った家族がいるので、不安が大きいです。
「もっと深刻に考えればよかった・・・」
より
「なーんだ、深刻に考えて損した」
ってなりたいって思うのは私だけでしょうか::?

早く、こんな暗いニュースがテレビから消えますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です