toggle
2020-03-16

夢のマイホーム

25歳で結婚して
こども産んで
ファミリーカー買って
家建てる。

そうなるものだと思っていたら
蓋を開けたら全然違う未来にいました。笑。

夫婦ともにアラフォーとなり、真剣に今後のことを考えています。
マイホームのことは年単位で話し合って出た答えでした。
引っ越してきて本当に本当に本当に・・・いろーーんな事があって
色々ひっくるめてかき混ぜて組み立てて
マイホームを持つことを本気で模索しています!

ということで、色んな住宅メーカーのショールームや完成見学会に行ってきて
自分たちの住む家について温めています。

夫婦で話し合って
「新しい」や「おしゃれ」「洗練された」
ということは全く求めていなくて
どちらかというと

「普遍的」であったり「シンプル」であったりが私たちの理想。

夫曰く

正しく古いものは新しい

そんなお家。

アップデートしながら
修復しながら
そこがパワースポットになるような場所。

それが私たちの理想のマイホーム。
そういう答えにたどり着いて、そして私たちの家づくりがスタートしました。

目標みたいなお家を見学してきました。

その家に住む人はとっても明るくてユニークな魅力を持った人。
ずっと「あの家に入ってみたい!」と夫婦ともに思っていたお家にお邪魔してきました。

丁寧に生活している事が
入った瞬間にわかるその家は
今でも内装をアップデートしながら
「その時の生活」にフィットする
なんとも柔軟な家。

吹き抜けのある開放感
白い壁の化粧梁
家の中から見える庭の景色
全部デザインされていて無理がない。

今、思うことは、若い頃に、何にも考えずにピッカピカの家を建てなくて良かった〜ってこと。
人それぞれ好みがあるけれど、私たちにとっていまの自分たちだからこその家づくりができることがナイスタイミングだと思っています。

楽しむぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です